相場が見えてくる車の査定方法とは?

最近は燃費性能が良いハイブリット車が続々と出てきて、ガソリンをあまり使わない時代に突入してきた感じがあります。

これによって、車の維持・ランニングコストを下げるという意味では、今までと同じようにガソリンを安く入れるというだけではなく、車の買い替えについても考えなくてはいけなくなりました。

実際このような思いから車の買い替えを考えている人もいるのではないでしょうか。
ただ車を買い換えるにしても、今の車を高く売ることができなければ、本末転倒になってしまう可能性があります。

そのため車を高く売るにはどうすればいいか考えなくてはいけません。

 

そこで1番重要なのが高い査定をもらうと言うことです。

車を売るときには、まずいくらぐらいで自分の車が売れるか、相場を調べる必要があります。

しかし、この価格はあくまで目安でしかありません。

査定相場を出している会社によってばらつきがあり、結局あまり役に立たないこともあります。

 

このため絶対にやったほうがいいのは、多くの会社の査定を見ることです。

相場観が会社によって若干違うため、1社や2社だと安い査定に出会うことがないかもしれません。

しかし、1人で何社も回って、見積もりをもらう事は正直言って面倒です。

そこで査定はネットで行って、その価格を持って実際の店舗で交渉すると言うのもありだと思います。

 

ネットを使えば、複数社の査定を一括でやってもらえるところも結構あるので、そういうところを使うと結構楽に査定ができます。

ネットを使って一括査定をする場合には、信憑性が高い、国内の優良自動車流通事業者がつくるJADRI(一般社団法人 日本自動車流通研究所)などのサイトが役に立ちます。
【JADRI公式】一括査定.com

 

ネットで査定をするには?

ネットで査定を行うには、車のメーカー、車種、年式、走行距離を入力フォームに記入する必要があります。

しかし、年式について覚えてる人は意外といないようです。

メーカーや車種は覚えていても、いつ車を購入したのかという事は結構忘れがちです。

中古車で購入した場合には、年式について全く頭に入ってないこともあると思います。

ですので、もし年式がわからない場合には車検証を手元に置いて入力してみて下さい。

年式は車検証の上部の初年度登録年月の年の部分になります。

 

メーカー・車種・年式・走行距離・住所・氏名・メールアドレス等を入力すれば、誰でも簡単に無料で複数社から査定を受けることができるので、ぜひやってみてください。

事故による傷等を考慮してなければ、お店で査定してもらおうと大きな違いはないと思います。

 

コスモスマートビークルの内容とそのメリット

コスモスマートビークルについてご存知でしょうか?

最近のCMなどで流れることもありますが、まだよくわからないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

簡単に言うとコスモ石油が提供するカーリースシステムなのですが、カーリースシステムと言う言葉自体まだあまり聞きなれないかもしれません。

カーリースシステムとは例えば3年とか5年とか期間を決めて、その長期間車をレンタルすると言うものです。

会社など企業では行ってるところも多くあるのですが、個人ではまだそんなに浸透していないので、知ってる人もあまり多くないかと思います。

コスモ石油のコスモスマートビークルはこの個人向けのカーリースシステムです。

 

コスモスマートビークルの良いところは利用者が毎月定額のお金を払って、コスモ石油に車管理のサービスをお任せしてしまうと言うところです。

利用者は車検メンテナンス税金等のことを一切考えずに車を乗ることができるのです。

 

費用についても車を新車で買った場合にはその全てを払わなければいけませんが、カーリースなのでその期間分だけ払えばよく、その期間が終了したら車を返却して次の契約をすれば良いだけです。

車を新車で買うと点検やオイル交換・タイヤ交換など急な出費がありますが、スマートビークルは毎月定額なので突然お金が必要になる事が無く安心して乗れます。

 

そして最大のメリットは、コスモ石油のガソリンスタンドでガソリン値引きが受けられると言うことです。

契約するパック内容によって値引き額は変わりますが、通勤や長距離運転の方はかなりお得になります。

メンテナンスパックの違いは以下のとおりです。

ゴールドパック

車両代金、税金・諸経費、車検、定期点検、オイル交換、重量税、自賠責保険、タイヤ交換、バッテリー交換、消耗品交換
ガソリン1リットルあたり5円引き

シルバーパック

車両代金、税金・諸経費、車検、定期点検、オイル交換、重量税、自賠責保険
ガソリン1リットルあたり3円引き

ホワイトパック

車両代金、税金・諸経費
ガソリン1リットルあたり1円引き

 

またスマートビークルは国内すべてのメーカー全ての車種に対応しています。

いろいろな車を乗ってみたいと言う人には良いサービスだと思います。

 

もし興味がある人はスマートビークルのホームページから資料を取り寄せることができます。

詳しく書かれてる資料やパンフレット・DVDも送られてきますので、動画で確認することもできます。

ホームページ⇒コスモ石油のカーリース スマートビークル

これから車を購入しようという人は、1つの選択肢としてこれを考えてみるのもありなのではないでしょうか。

 

低燃費タイヤと普通のタイヤの違いとは?

低燃費タイヤとかエコタイヤとか言われるタイヤが最近は増えてきましたが、これらのタイヤがどのようなものかご存知でしょうか。

名前は聞いたことがあるけど、普通のタイヤとの違いはわからないという人は多いのではないでしょうか。

低燃費タイヤと呼ばれているので、普通のタイヤよりも燃費は良いのだろうと想像はできますが、実際どのくらいの違いがあるのかその特徴と共に紹介していきます。

エコタイヤの特徴とは?

低燃費タイヤとは日本自動車タイヤ協会が指定している「転がり抵抗性能」と「ウェットグリップ性能」が一定の基準内のタイヤのことを言います。

 

「転がり抵抗性能」はAAAからCまで5段階あり、A以上のものが低燃費タイヤと区分されています。

「転がり抵抗性能」とは同じ力で車を走らせた時、より遠くまでタイヤが転がる性能のことを言います。

したがって普通のタイヤよりも、より長い距離を走れることとなり、その結果燃費性能が良くなります。

 

しかし、これだと止まりづらく安全性に問題があります。

そこでもう一つの「ウェットグリップ性能」が必要になってくるのです。

「ウェットグリップ性能」はその名の通り、濡れた路面でどのくらいブレーキが効くかの基準で、aからdまで4段階に区分されています。

「転がり抵抗性能」とは全く逆の基準ですが、この「ウェットグリップ性能」と、「転がり抵抗性能」の2つが合わさることによって低燃費タイヤが成り立っているのです。

2種類のタイヤの燃費差は?

低燃費タイヤと普通のタイヤでは、燃費にかなりの差があります。

実際、普通のタイヤから低燃費タイヤに履き替えた方は、その違いを感じているのではないかと思います。

というのも、「転がり抵抗性能」が最高グレードのAAAのタイヤと、普通のタイヤとでは燃費が6パーセントも違うと言われているからです。

 

6パーセントの違いは、ガソリン1リットルで10キロ走る車が10.6キロ走るということを意味しています。

1か月で500キロ走る人の場合、 普通のタイヤなら50リットルのガソリンを必要としますが、この低燃費タイヤなら約47リットルで済みます。

1リットルのガソリン代が130円の時、月に390円、年間で4680円もの違いが出てきてしまうのです。

距離を走る人はもっと差が出てきますし、複数年タイヤ交換をしない人もかなりの金額が変ってきます。

 

日常生活の中で車の維持費はばかになりません。

ガソリンを安く入れるだけではなく、こういったタイヤなど燃費を良くするものに気を使うことでかなりの節約ができるのです。

 

ほとんどのエコカーには、この低燃費タイヤが標準装備されていますが、全体から見ればまだまだ普及しているとは言えません。

しかし、安全性も向上しており、これからもっと燃費効率が良くなると考えられます。

 

タイヤの値段と毎日の走行距離にもよりますが、今普通のタイヤを履いてる人には、経費を削減する一つの手段となることは確かです。

もしタイヤの交換を考えているなら、このエコタイヤを検討してみても良いかもしれません。

タイヤ販売&取付予約サイト【タイヤフッド】