スポンサードリンク

セルフで灯油を入れる方法

冬になると石油ストーブなどの灯油を使った暖房器具が、多くの家庭で使用されます。

最近ではオール電化の家庭も増えてきましたが、
まだまだ灯油を入れる暖房器具が使われるケースが多いようです。

touyupolitank-300x300

 

寒くなる前に用意しておきたい灯油も、最近では価格の高騰などもあり、
だいぶ値段が上がってきた印象があります。

そこでガソリンと同様に、安い灯油を求める人が以前よりも増えてきています。

 

昔からずっと同じところで購入している人は、フルサービスのガソリンスタンドを利用していることが多いようですが、灯油もセルフスタンドの方が安く購入できます。

 

フルサービスのスタンドはポリタンクに灯油を入れてくれるのでとても楽なのですが、
その分価格がどうしても高くなってしまいます。

そのため最近では、セルフを利用して自分で安く灯油を入れる人が多くなりました。

 

ガソリンと同じようにセルフを使ったことがない人にとっては大変なようにも思えますが、
利用してみると意外と簡単です。

 

セルフスタンドでの灯油の入れ方は?

セルフスタンドで灯油を入れるのは慣れてしまえば簡単ですが、
初めての時は難しいかもしれないのでその方法を紹介します。

 

まずガソリンの給油と同じように液晶パネルを使って、数量18リットルなどと入力します。

セルフのスタンドで給油している人ならば問題ないと思いますが、スタンドによって入力画面が違うので、わからない場合はスタッフに確認するようにしてください。

 

次に灯油のポリタンクのキャップを開けて、ノズルを奥まで入れ給油をします。

灯油がノズルに接触すると給油が止まるので、
一度ノズルを引いて18リットルになるまで給油してください。

最初に止まったところでやめてしまうと、初めに設定した数量より灯油が少なくなってしまいます。

金額は給油量分だけなので損はしませんが、数量が足りていないと何度も給油しなければいけなくなり、手間になってしまうので注意が必要です。

18リットルまで灯油を入れたら、キャップを締めて終了です。

 

車に積むのを自分でやらなければいけないので、誰にでも簡単にできるとは言えませんが、
今後セルフサービスのスタンドで灯油を買おうともっている人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード