スポンサードリンク

コンビニでも使えるスピードパスプラスのメリットは?

エクソンモービルのガソリンスタンドに行くとSpeedpass(スピードパス)という文字を目にすることがあると思います。

mainImage (1)

このスピードパスとは給油・清算が簡単にできる、クレジットカードと紐付いたICタグで、これを車のキーなどにつけて持っていると、クレジットカードを持っていなくてもガソリンが入れられる便利なものです。

 

さらにエッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドでは、よくスピードパス価格で店頭値引きを行っているので、現金でいれるよりも安く給油できるというメリットもあります。

もちろんシナジーカードに紐付いているスピードパスなら請求時の値引きもあり、
かなりお得に給油ができます。

 

簡単に発行してもらえることから、多くの人に利用されているスピードパスですが、
さらに進化したものとしてスピードパスプラスというものが新しく誕生しました。

このスピードパスプラスはこれまでのスピードパスとは比べ物にならないぐらい便利な機能が付いているので、その特徴を紹介していきます。

スポンサードリンク


スピードパスプラスの特徴

スピードパスもプラスも給油ということに関しては何も変わりません。

給油機にこれをかざして、油種と数量を確認して車にガソリンを入れるところは同じです。

 

大きく違うところはQuicPayの機能が付いているところです。

QuicPayはガソリンスタンド以外でも使える後払いの電子決済システムで、スピードパスにはこの機能が着いていないため、エクソンモービルのGSでしか使うことができないのですが、スピードパスプラスはこの機能があるので、
クイックペイが利用可能な加盟店での買い物や、エクソンモービル以外のGSでの給油もできます。

 

また、スピードパスプラスにはnanacoの機能もついているので、
クレジットカードからチャージしてセブンイレブンやその他加盟店で使え、ポイントも貯められるというメリットもあります。

 

デメリットととしては登録できるクレジットカードが限られていること、発行手数料に300円かかってしまうこと、スピードパスは使えるのにスピードパスプラスが使えないスタンドがあるということぐらいです。

デメリットといっても、シナジーカードにこれを紐付ければガソリン代節約にもなりますし、初期投資300円は痛いですがすぐに元が取れる金額ですしあまり気にしなくてもいいかもしれません。

ただ、これを使えないガソリンスタンドがあるということは気にしておいたほうがいいでしょう。

もちろんそういったGSでは、スピードパスプラス自体の発行も行っていないので、
その場合はスピードパスの方を利用するといいでしょう。

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード