スポンサードリンク

ガソリンだけじゃない!汎用性で選ぶなら楽天カード

a1180_005468

ガソリンスタンドでガソリンを入れるとき、現金とクレジットどちらで給油していますか?

たまにしか車に乗らない人ならともかく、
毎日車に乗っている人の多くは、クレジットを使ってガソリンを入れているのではないでしょうか。

千円・二千円で区切って給油する人もいるとは思いますが、常にお金を持ち合わせていないといけないのと、お釣りが細かくなるのが嫌でクレジットにしている人は多いようです。

 

しかしクレジット給油の場合、
どのカードでもガソリンを安く入れられるというわけではありません。

メリットがあると思われるのは、
石油元売のクレジットカードと還元率が高いクレジットカードだけです。

 

たとえば日本で一番多いガソリンスタンドのエネオスの場合、
元売りのクレジットカードであるENEOSカードが一番メリットがあるといわれています。

 

ENEOSカードSの場合、年会費無料でガソリン・軽油が1リットルあたり2円引きになります。

これだけでは還元率が高いほかのカードの方が、メリットがあるようにも思われますが、
実際エネオスで給油するとほとんどのところで店頭値引きがあります。

店頭値引きが2円ある場合、
請求時値引きと合わせて1リットルあたり4円安くなるということになります。

これがエネオスカードが最強といわれるところです。

 

しかし、ガソリンを入れるという点ではENEOSカードは優れていますが、
汎用性という面では今一つのところもあります。

ガソリンスタンド以外でのメリットが少ないのが、今一つの理由です。

 

ガソリンスタンドでもメリットがあって、そのほかでもメリットがあるというカードは少ないですが、エネオスに限って言うと楽天カードはかなり汎用性が高いカードです。

スポンサードリンク


楽天カードのメリットは?

56768_top

楽天カードは年会費無料で、エネオスで使うと通常の2倍のポイントが貯まります。

通常100円で1ポイント貯まるところ、エネオスで給油すると100円で2ポイント、
つまり還元率2パーセントになります。

 

たとえば130円のガソリンを30リットル入れると3900円になり、
ポイントが78ポイント貯まります。

1ポイント1円なので78円分の値引きとなり、
1リットルあたり2.6円引きの127.4円で給油したことになります。

店頭値引きを含めたエネオスカードほどではありませんが、これでもかなり安くはなります。

 

さらに楽天カードは貯まったポイントを多くの加盟店で使えるメリットがあります。

ネットで貯めたり使ったりできるというのも大きく、
どこでも使えるという意味では一番のカードかもしれません。

 

また楽天カードは新規入会時に大量のポイントがもらえるキャンペーンをよくやっています。

5,000円相当の5,000ポイントプレゼントや、10,000円相当の10,000ポイントプレゼントなどです。

これは無料(年会費無料)で5,000円や10,000円がもらえるのと同じなので、かなり魅力的なキャンペーンです。

 

ガソリンとお買い物両方で使いたいという人には、楽天カードは相当メリットがあるので、
まだ持っていない人はキャンペーンの時をねらって入会してみてはいかがでしょうか。

キャンペーンなどの詳細はこちらで分かります⇒楽天カード

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード