スポンサードリンク

自動車税がお得になる方法ってあるの?

ff0bcedc6f011ec243771cb96ef955ec_s

ガソリンと同様に車を所有していると定期的にかかってしまう費用に、自動車税があります。

自動車税は車を所有している限り支払わなくてはいけないものですが、少しでも安くしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

 

実は以外と知られていないのですが、自動車税は車の購入時期で若干支払う金額が変わります。

自動車の購入時限定ですが、知っていると損をしないで済むので、自動車の購入を検討している人は覚えておくといいかもしれません。

車の購入は月初めに!

3月末になると車のディーラーは、何とか年度内に車を販売しようとして、3月末までに新車登録ができるように進めます。

もちろん早く納車になるのはドライバーにとってはありがたいことなのですが、自動車税に関してはかなりのデメリットになってしまいます。

というのも自動車税は月割制度が設定されていて、購入した翌月から年度末まで納税するようになっています。

購入した翌月ということは、どの月でも購入月の自動車税が発生しないということです。

スポンサードリンク


つまり、3月31日に登録すると4月1日から税金がかかりますが、4月1日の登録だと税金は5月1日からで済みます。

たった1日違いで1か月分の税金が変わってきてしまうのです。

 

1か月分というと自家用標準税で1.5L以下の車が約2800円、1.5L超2L以下の車が約3300円なります。

登録が1日違うだけで、意外と大きな金額が変わってきてしまうことがわかります。

さらに軽自動車は月単位ではなく、購入年度の税金が発生しないため、3月と4月では1年分(7200円)まるまる違いが出てきてしまいます。

 

3月の商談の場合、何も言わないと3月登録で話が進むことが多いので、4月に入ってから新車登録をしてもらうようにディーラーに話すようにしましょう。

ディーラーはできるだけ3月に登録したいと考えているので、メリットのある代替えサービスがもらえる可能性もあります。

 

もちろん年度末でない場合も月初のほうがお得になるので、車の購入を考えている人はこの制度をうまく利用していきましょう。

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード