スポンサードリンク

低燃費タイヤと普通のタイヤの違いとは?

低燃費タイヤとかエコタイヤとか言われるタイヤが最近は増えてきましたが、これらのタイヤがどのようなものかご存知でしょうか。

名前は聞いたことがあるけど、普通のタイヤとの違いはわからないという人は多いのではないでしょうか。

低燃費タイヤと呼ばれているので、普通のタイヤよりも燃費は良いのだろうと想像はできますが、実際どのくらいの違いがあるのかその特徴と共に紹介していきます。

エコタイヤの特徴とは?

低燃費タイヤとは日本自動車タイヤ協会が指定している「転がり抵抗性能」と「ウェットグリップ性能」が一定の基準内のタイヤのことを言います。

 

「転がり抵抗性能」はAAAからCまで5段階あり、A以上のものが低燃費タイヤと区分されています。

「転がり抵抗性能」とは同じ力で車を走らせた時、より遠くまでタイヤが転がる性能のことを言います。

したがって普通のタイヤよりも、より長い距離を走れることとなり、その結果燃費性能が良くなります。

 

しかし、これだと止まりづらく安全性に問題があります。

そこでもう一つの「ウェットグリップ性能」が必要になってくるのです。

「ウェットグリップ性能」はその名の通り、濡れた路面でどのくらいブレーキが効くかの基準で、aからdまで4段階に区分されています。

「転がり抵抗性能」とは全く逆の基準ですが、この「ウェットグリップ性能」と、「転がり抵抗性能」の2つが合わさることによって低燃費タイヤが成り立っているのです。

2種類のタイヤの燃費差は?

低燃費タイヤと普通のタイヤでは、燃費にかなりの差があります。

実際、普通のタイヤから低燃費タイヤに履き替えた方は、その違いを感じているのではないかと思います。

というのも、「転がり抵抗性能」が最高グレードのAAAのタイヤと、普通のタイヤとでは燃費が6パーセントも違うと言われているからです。

 

6パーセントの違いは、ガソリン1リットルで10キロ走る車が10.6キロ走るということを意味しています。

1か月で500キロ走る人の場合、 普通のタイヤなら50リットルのガソリンを必要としますが、この低燃費タイヤなら約47リットルで済みます。

1リットルのガソリン代が130円の時、月に390円、年間で4680円もの違いが出てきてしまうのです。

距離を走る人はもっと差が出てきますし、複数年タイヤ交換をしない人もかなりの金額が変ってきます。

 

日常生活の中で車の維持費はばかになりません。

ガソリンを安く入れるだけではなく、こういったタイヤなど燃費を良くするものに気を使うことでかなりの節約ができるのです。

 

ほとんどのエコカーには、この低燃費タイヤが標準装備されていますが、全体から見ればまだまだ普及しているとは言えません。

しかし、安全性も向上しており、これからもっと燃費効率が良くなると考えられます。

 

タイヤの値段と毎日の走行距離にもよりますが、今普通のタイヤを履いてる人には、経費を削減する一つの手段となることは確かです。

もしタイヤの交換を考えているなら、このエコタイヤを検討してみても良いかもしれません。

タイヤ販売&取付予約サイト【タイヤフッド】

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード