スポンサードリンク

エネオスカードSとPを比較するとどちらがお得?

エネオスカードに入会を考えているけど、SとPとCのどれにすればいいのかわからないと悩んでいる人は結構多いようです。

cc19c9358bc977a6a46271f36267eea7_s

使用用途やガソリンの給油量によって後々の還元が大きく変わってきてしまうので、
クレジットカードを選ぶときは慎重に選びたいものです。

ガソリンの給油のみのケースや、買い物がメインのケースなど人によって使用用途は様々なのですが、ここではガソリン給油に特化した場合どれが一番お得か検証してみました。

お買い物金額で大きく影響が出るENEOSカードC以外の「S」と「P」で考えていきます。

 

エネオスカードSとPの違いは?

ENEOSカードSとENEOSカードPはどちらもガソリン給油でとても有利になるカードです。

eneoscard_logo

この2種類のカードの違いは、Sが請求時固定2円引きなのに対し、
Pは給油時ポイント制というところです。

 

Sはクレジットの請求時に1リットルあたり固定で2円引きになるというサービス内容なので、
比較的わかりやすいのですがPはちょっと複雑です。

 

Pはエネオスのスタンドで利用した場合、
ポイントが1000円につき30ポイントが貯まるシステムになっています。
(一般加盟店は1000円につき6ポイント)

ポイントは1000ポイント単位で使えて、1000ポイントが1000円という換算になります。

したがって1000ポイント貯まっている状態なら、
ガソリンを1000円引きで給油することが可能ということになります。

 

またその他の違いとしては、Sが1年間に1回使用すれば年会費が無料になるのに対しPの年会費は初年度無料で、次年度から1250円(税別)かかってしまいます。

スポンサードリンク


Sに向いている人・Pに向いている人

年会費がかかってしまう「P」ですが、計算すると意外にも得なのがわかります。

たとえば、1リットルあたり160円のガソリンを50リットル入れた場合、
給油額は8000円になります。

8000円の給油だと240ポイントが付きます。

240ポイントは240円に換算されるので、実質7760円で給油したのと同じになります。

これを1リットルあたりの単価にすると155.2円となり、4.8円得したことになります。

当然、1000ポイントに達していなければ使用することはできないのですが、
長いスパンで考えればここはクリアできるところです。

 

ただPは年会費が発生するので、給油量が少なくなるとSの方が有利になります。

Pの場合1リットルあたり160円で月に50リットル使用したとき、
年間160円×50リットル×12ヶ月=96000円使っていることとなります。

96000円は2880ポイントにあたり、2880ポイントは2880円になるため、
この2880円から年会費1250円を引いた1630円が年間で得する金額となります。

ただ、これが月間35リットルの場合は、年間に使っている金額が67200円となり、
ポイントとしては2016ポイントになります。

2016円から年会費の1250円を引くと、得する金額が766円となってしまいます。

 

Sの場合は1リットルあたり2円引きです。

35リットル×12ヶ月が年間420リットルになるので、
ここから1リットルあたり2円を引くと得する金額が840円になります。

月に35リットル給油の場合、S方が得をすることが分かります。

したがって、ガソリンの価格によっても変わってきてしまいますが、
月の給油量が少なければS、多ければPということになります。

 

エネオスカード自体スタンドでの設定金額がかなりやすくされてるのでお得なのですが、
このようなカードの特性を知って入会するとさらに効果を発揮することができます。

詳しくはENEOSカード

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード