スポンサードリンク

TカードとPontaカードはどっちがお得

ENEOSのTカードと昭和シェル石油のPontaカードはどちらがお得なのでしょうか。

tpo

どちらのカードもスタンドだけではなく、コンビニエンスストアやレンタルDVDショップ、飲食店などでそれぞれポイントを貯めて使える便利なカードなのですが、ガソリン給油に特化した場合、どちらを使った方がよりメリットがあるのでしょうか。

ガソリンスタンドでのTカードとPontaカードの使い勝手やメリットを調べてみました。

 

TカードとPontaカード比較

Tカードもポンタカードもガソリンスタンドでは現金会員カードとして広く使われています。

メリットとしてこれらのカードを持っていればほとんどの場合、
一般価格よりも安く給油することが出来るところです。

Tカードもポンタカードも特別価格でガソリンを給油出来るというところでは、
共にメリットがあり比較することが出来ません。

 

この2つのカードを比較するとしたら、ポイントの付加になります。

Tカードはエネオスのガソリンスタンドで200円使うと1ポイント付きます。

これにに対しPontaカードはシェルのスタンドで、ガソリン1リットルで1ポイント付きます。

つまりガソリン1リットルの価格が200円を超えない限り、
Pontaカードの方が得になります。

 

たとえば160円のガソリンを30リットル入れたとき、給油金額は4800円になります。

このとき、Tポイントは24ポイント付きますが、ポンタなら30ポイント付くことになります。

共に1ポイント1円なので、同じ30リットルでも6円差が出ることになります。

さらにガソリン以外の商品(整備や洗車など)もTカードは200円で1ポイントなのに対して、
Pontaは100円で1ポイントとなっていて、ポンタの方が得すると言えます。

 

加盟店舗の多さや流通量ではTポイントの方が多く、スタンド件数でもENEOSの方がシェルよりも多いということを考えれば、どちらが優れているということもないのですが、ガソリンスタンドでポイントをためることに特化すると、今のところポンタカードの方が有利と言えます。

 

またシェルPontaクレジットカードはクレジットポイントも上乗せされて、1リットルあたりポンタポイントが2ポイントにもなるので、こちらを使えばさらにお得になります。

詳しくはシェルPontaクレジットカード

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード