スポンサードリンク

どこで給油してもお得!JCBドライバーズプラスカード

いろいろなマークのガソリンスタンドで給油するので、
石油元売りのクレジットカードが使いずらいと思っている人は多いのではないでしょうか。

たとえば、ENEOSカードならエネオスのスタンドでしか使えませんし、
コスモ・ザ・カードならコスモでしか使えません。

移動が多く決まったスタンドで給油出来ない人は、
この石油元売りクレジットカードの、ガソリン代割引の恩恵を受けるのは難しいかもしれません。

 

しかし、クレジットカードの中にはどのスタンドで給油してもメリットがあるカードが存在します。

代表的なものがJCBドライバーズプラスカードです。

414SvNR00LL

JCBドライバーズプラスカードとは?

JCBドライバーズプラスカードはどこのガソリンスタンドで使っても、どこの高速道路にのってもキャッシュバックの恩恵があるドライバーにとってはかなり魅力のあるカードです。

年会費は税別で1250円かかってしまいますが、
利用すれば利用するほどメリットが出るカードです。

 

キャッシュバックサービスの内容は、まず給油や食事、買い物など
カードを利用した金額でキャッシュバック率(最大30パーセント)が決まります。

キャッシュバック率については
月間利用金額が3万円未満の場合0%、3万~5万円未満で2.5%、
5万~7.5万円未満で5%、7.5万から10万円未満で7.5%、
10万~15万円未満で10%、15万~20万円未満で15%、
20万~25万円未満で20%、25万~30万円未満で25%、
30万円以上で30%となっています。

月間利用額の中でGSでの給油・買い物と高速代のみがキャッシュバック対象になるので、この合計金額にキャッシュバック率を掛けたものが3ヶ月後にキャッシュバックされるということになります。

 

たとえば、ガソリン代が10000円・高速代が5000円・食事買い物で85000円のカード利用がある場合、合計が10万円なのでキャッシュバック率は10%になります。

そのうちキャッシュバック対象のガソリン代と高速代の合計は15000円なので、
15000円×10%の1500円がキャッシュバックされる金額となります。

毎月同じような金額を使っている人は年間で18000円も得することになりますし、
もっとカードを利用する人はそれ以上に得をすることが出来ます。

 

カード利用が多く、決まったマークのスタンドで給油しない人が前提になりますが、
このような人にはとてもメリットがあるカードといえます。

スポンサードリンク

選ぶならコレ!!当サイトおすすめ割引カード

エネオスカード シェルPontaクレジットカード 楽天カード

店頭値引きと請求時値引きの期待ができるエネオス最強クレジットカード ENEOSカード

ポイントがぽんぽん貯まるシェルクレジットカード シェルPontaクレジットカード

ENEOSで給油すると通常の2倍のポイントが貯まる! 楽天カード