あまり車に乗らない人が給油で得する方法とは?

写真

頻繁に車に乗らなくても、出来るだけ安くガソリンを入れたいですよね。

毎日車に乗っている人は使用するガソリンの量が多いので、値引きなどの特典も大きくなりますが、あまり車に乗らない人はどうしてもその恩恵を受けづらくなります。

石油元売が発行しているクレジットカードなどがいい例で、使用料が多ければ多いほど値引き額が増える仕組みになっているので、給油量が少ない人にはあまりメリットがありません。

 

しかし、最大の特典ではなくてもお得にガソリンを入れる方法はたくさんあります。

そこで、月に一回の給油でもメリットがある方法を紹介していきます。

得するカード・損するカード

ガソリンスタンドでガソリンを入れるとき頻繁に使われるものが給油用のカードです。

カードには色々な種類がありますが、一般的にガソリン給油が一番お得なのは石油元売りが発行しているクレジットカードです。

エネオスであればENEOSカード、シェルであればスターレックスカード、エクソンモービルであればシナジーカードといったものです。

 

これらのカードはガソリンを給油すれば給油するだけガソリン代が還元され、1リットルあたりのガソリン価格が安くなります。

ガソリンスタンド店頭の値引きと、クレジットの請求時還元のダブルで得する仕組みとなっています。

一般のクレジットカードでは店頭での値引きも少なく、請求時のガソリン代還元もないためほとんどメリットがありませんが、石油元売りカードはこの点で非常にお得です。

 

しかしこれらのカードは給油量に応じて還元額が変わるため、給油量が少ないと還元額が少なくなり、あまりその恩恵が受けられません。

また、年会費を払わなければいけないカードも多く、月に一度ぐらいの使用ではマイナスになってしまうケースもあります。

 

そのため、あまり車を乗らない人にはガソリンスタンドが無料で配っている現金会員カードなどのほうが有効かもしれません。

これらのカードであれば、無料でもらえて持っているだけで毎回会員価格で給油することができます。

 

最近では独自のカードを発行するスタンドは減ってきて、石油元売りが発行している共通のカードを使うことが多くなりさらに利用しやすくなっています。

例えば、エネオスのTカードや、シェルのPontaカード、出光のRポイントカードなどこれにあたり、店頭値引きとポイント還元があるので給油回数が少ない人でもメリットを感じることができます。

 

しかし、これらのポイントが貯まる現金会員カードよりももっと強力なものがあります。

それがENEOSカードSPontaクレジットです。

先ほども触れたように、石油元売のクレジットカードは還元額が変動し年会費がかかることから、普段車にあまり乗らない人にはメリットが少なくなります。

ただ還元額が変動せず、年会費がかからないものも中にはあり、これらを使うことで現金会員カードよりも得することができるのです。

 

この2種類のカードは、それぞれエネオスとシェルのガソリンスタンドの店頭価格が非常に安いのが特徴で、多くのスタンドで最安値に設定されています。

ENEOSカードSの場合はこの店頭価格の安さに加え、請求時1リットルあたり固定で2円安くなることもあり、値引きのメリットが非常に大きくなります。

さらに1年間に1回使用するだけで年会費が無料になるので、現金会員カードのような手軽さもあります。

詳しくは⇒ENEOSカード

 

一方、Pontaクレジットは店頭値引き+ポイントとという普通のPontaカードと変わらない仕様です。

しかし、一般のPontaカードと違うのはPontaポイントが2倍多くたまるという点です。

こちらのカードも1年間に1回使用すれば年会費が無料になるので、実質タダのカードと同じです。

そのため一般のカードを使用するのであれば、こちらのカードを使用したほうが絶対にお得です。

 

 

これらのカードはクレジットカードですが、年に1回使用すれば無料のカードと同じなので持っていて損はないカードといえます。

さらに、ガソリンスタンド独自で行っているスタンプカードや、レシート集めてプレゼント、メール会員といった企画と併用できることが多いので、2重で得することも可能です。

 

普段あまり車に乗らない人でも、このようなものを用いることでガソリンを安く入れたり、ポイントを多く獲得することができます。

どうしてもかかってしまうガソリン代ですが、年間で考えると非常大きな額になります。

少しでも安く入れて、無駄な出費を抑えるためにはこれらを使ってみるのもいいかもしれません。

どうして価格表示がないガソリンスタンドがあるの?

kaiinn

ガソリンが無くなりかけて、やっと見つけたスタンドが、ガソリンの価格表示をしていなかったらあなたならどうしますか?

時価のお寿司屋さんと同じで、いくらになるかわからない所での給油は不安になるのではないでしょうか。

 

しかし、実際にガソリンの価格表示がないガソリンスタンドは結構あります。

表示がないからといって、全てが高いわけではなく、安売りを行っている所もあります。

価格表示がないのはデメリットとなることが多いように感じますが、こうしたスタンドはどうしてガソリンの価格表示をしていないのでしょうか。

ガソリンが高くて価格表示をしていない

価格を出していないガソリンスタンドの中には、価格が高いので表示出来ないというところがあります。

まわりのガソリンスタンドよりも値段が高くなってしまうため、あえて価格を出していないところです。

フルサービスで、まわりに安売りのセルフスタンドが多いというときに、このような対処をすることが多いようです。

 

逆に、まわりに他のスタンドが全くないところも価格表示をしないケースが多いようです。

こちらは競争がないので価格を出す必要がないという考えです。

どちらの場合も、常識を逸脱したような価格になることはほとんどなく、まわりや一般価格よりも若干高い程度と考えるのがいいでしょう。

 

また、一部地域では看板を出さずに高額でガソリンが販売されることがあります。

有名なのが東京の中心地です。

大使館の車や高級車などが頻繁に出入りするスタンドは、他地域よりもガソリン価格が高く設定されています。
「どうして価格表示がないガソリンスタンドがあるの?」の続きを読む…

災害対応型給油所ってどんなガソリンスタンド?

a1180_011563

災害対応型給油所というガソリンスタンドをご存知でしょうか。

屋根の部分に大きく災害対応給油所と表示されているので、近隣にこのようなガソリンスタンドがあれば知っている人もいるかもしれません。

しかし、全国のガソリンスタンド数の割合からするとかなり少ないので、見たことがない人も多いと思います。

 

また、いつもそこで給油しているという人でも、その役割があまりわからないという人もいるでしょう。

災害時に役立つスタンドというのはなんとなくイメージ出来ますが、実際どのような役割を果たすものなのか調べてみました。
「災害対応型給油所ってどんなガソリンスタンド?」の続きを読む…