ガソリン値引き最強カード!ENEOSカード

ENEOSのマークがついたガソリンスタンドで給油するときに、
一番得する方法をご存知でしょうか。

スタンドによっていろいろな割引サービスを個々でやっていますが、エネオスのガソリンスタンドならどこでも使えて最も安くガソリンを入れられるカードは間違いなくENEOSカードです。

eneosc

このカードはクレジットカードなので、入会手続きなどが面倒な部分もありますが、
その威力は強力なのでガソリン代を節約したいと思っている人にはおススメのカードです。

またエネオスカードには3タイプ(スタンダード・ポイント還元・キャッシュバック)あり、
自分のカーライフにあったものを選ぶことができます。

内容は以下の通りになっています。

 

ENEOSカードS(スタンダード)

1年間に1回使用すれば年会費が無料になるというカードです。

現金価格より安くエネオスカード価格を設定しているGSが多く、それだけでもかなりの割引になるのですが、このカードはさらに請求時に2円引きとなります。

もちろん軽油も同じく2円引き、灯油は1円引きです。

 

その他特典としてエネオスロードサービスが無料で付帯し、
カーコンビニ倶楽部で5%割引となります。

ETCと一体型もあり、ETCの年会費が永年無料となっています。

またカーメンテナンス商品やショッピングでの利用でポイントがつきます。

 

このカードのポイントとしては、どこのエネオスのガソリンスタンドで給油しても、
常に請求時2円引きを受けられるというところです。

他のタイプのENEOSカードは購入料金に応じて値引き額が変わりますが、
このカードは一定です。

たくさんガソリンを入れる人はほかのタイプでもいいですが、
あまりガソリンを入れない人には固定タイプが一番いいと思います。

 

ENEOSカードP(ポイント還元)

このカードは年会費がかかります。

初年度は無料なのですが、次年度から1250円(税別)かかってしまいます。

しかし、このカードもかなりお得にガソリンを給油することができます。

このカードはポイント還元なので請求時給油割引はありません。

その代り、給油やカーメンテ商品購入でポイントが付き、
これをキャッシュバックできます。

(1000ポイント単位で利用)

ガソリンスタンドでは1000円ごとに30ポイントが付きます。

 

たとえば、160円のガソリンを50リットル入れたときお会計は8000円なので、
ポイントは240ポイントつきます。

1000円が1000ポイントなので、240ポイントは240円となり、
実質7760円でガソリンを入れたこととなります。

ということは1リッターあたり155.2円となり、4.8円引きになったと言えます。

こう考えればENEOSカードSよりも得かもしれません。

 

もちろん特典はスタンダードと同じになっています。

こちらは1000ポイント単位でキャッシュバックなので、
1000ポイントが簡単に貯まるくらい車に乗る人には良いと思います。

年会費分がペイできるかの計算はするようにしましょう。
「ガソリン値引き最強カード!ENEOSカード」の続きを読む…