コスモスマートビークルの注意点は?デメリットってあるの?

コスモスマートビークルはいくつかの注意点があります。

コスモスマートビークルはカーリースなので、車の購入とはあらゆる面で異なり知っておかないと、人によってはデメリットに感じてしまう部分があります。

上手く使えばお得になるシステムなので、契約をする前に、必要な情報は頭に入れておきましょう。

 

コスモスマートビークルは車の購入ではなくリースです。

このため契約が終わったら車を返さなければいけません。

もしこのとき車に傷や凹みがあったら、借りている車の訳ですから、この部分を弁償しなければいけないのです。

ローンで購入した車は自分の物なので修理をしなくてもよければ、弁償する必要もありません。

カーリースが初めての人はここにデメリットを感じるかもしれません。

ただ車をぶつけない人もたくさんいますし、大事に車を扱える人ならあまり心配する必要がないかもしれません。

 

また、契約時に決められた走行距離を超えてしまった場合にも、追加の支払いが発生します。

しかし、こちらも普通に車を乗っていれば、まず追加料金は発生することはありません。

 

もしこれらのことが少しでも心配なら、契約終了時に買取が選べる買取プランを、最初に選択しておくと良いでしょう。

買取プランなら契約終了時に買取・再リース・返却のどれかを選ぶことが出来ます。

車の状態によっては自分で買い取って乗り続けることも可能です。

買取プランではなく返却プランで契約をしてしまうと、返却と再リースしか選べなくなるので注意が必要です。

 

もう一つ注意しなければいけないことは、ガソリンの値引きです。

コスモスマートビークルの契約をすると、コスモ石油での燃料給油が安くなるのは大きなメリットですが、ここで一つ落とし穴があります。

それはこの値引きが、コスモ石油のクレジットカードでの給油のみということです。
このためコスモ石油のクレジットカード「コスモ・ザ・カード」を持っていない人は新たにカードを作らなければいけません。

ここにもデメリットを感じる人が出てくるのではないでしょうか。

ただ、コスモ石油のコスモ・ザ・カードオーパスは、他の石油元売のカードと違って年会費が無料というありがたいメリットがあり、持っていてもお金がかからないカードです。

特にコスモ石油が近くにある人はコスモスマートビークル関係なしに1枚持っていても損はしないカードです。

確かにカードを作るのは手間ですが、費用負担もないので大きな問題ではないかもしれません。

 

この他、契約終了前に解約が出来ないということも注意しておいたほうがいいでしょう。

 

このようにいくつか注意点はありますが、コスモスマートビークルは上手く使えばメリットは十分にあります。

パック内容にもよりますが、車検やメンテナンスを自分で手配する必要がなかったり、ローンで新車を購入するときのように頭金を用意する必要がなかったり、一定の年数で車を乗り換えることが出来たり良いところは沢山あります。

ガソリン値引きもあり使用頻度によっては費用的なメリットも考えられます。

 

注意が必要なところはいくつかありますが、カーライフ次第では非常に役立つシステムです。

興味がある人はホームページ等で確認してみてもいいかもしれません。

【コスモ石油公式】スマートビークル

あまり車に乗らない人が給油で得する方法とは?

写真

頻繁に車に乗らなくても、出来るだけ安くガソリンを入れたいですよね。

毎日車に乗っている人は使用するガソリンの量が多いので、値引きなどの特典も大きくなりますが、あまり車に乗らない人はどうしてもその恩恵を受けづらくなります。

石油元売が発行しているクレジットカードなどがいい例で、使用料が多ければ多いほど値引き額が増える仕組みになっているので、給油量が少ない人にはあまりメリットがありません。

 

しかし、最大の特典ではなくてもお得にガソリンを入れる方法はたくさんあります。

そこで、月に一回の給油でもメリットがある方法を紹介していきます。

得するカード・損するカード

ガソリンスタンドでガソリンを入れるとき頻繁に使われるものが給油用のカードです。

カードには色々な種類がありますが、一般的にガソリン給油が一番お得なのは石油元売りが発行しているクレジットカードです。

エネオスであればENEOSカード、シェルであればスターレックスカード、エクソンモービルであればシナジーカードといったものです。

 

これらのカードはガソリンを給油すれば給油するだけガソリン代が還元され、1リットルあたりのガソリン価格が安くなります。

ガソリンスタンド店頭の値引きと、クレジットの請求時還元のダブルで得する仕組みとなっています。

一般のクレジットカードでは店頭での値引きも少なく、請求時のガソリン代還元もないためほとんどメリットがありませんが、石油元売りカードはこの点で非常にお得です。

 

しかしこれらのカードは給油量に応じて還元額が変わるため、給油量が少ないと還元額が少なくなり、あまりその恩恵が受けられません。

また、年会費を払わなければいけないカードも多く、月に一度ぐらいの使用ではマイナスになってしまうケースもあります。

 

そのため、あまり車を乗らない人にはガソリンスタンドが無料で配っている現金会員カードなどのほうが有効かもしれません。

これらのカードであれば、無料でもらえて持っているだけで毎回会員価格で給油することができます。

 

最近では独自のカードを発行するスタンドは減ってきて、石油元売りが発行している共通のカードを使うことが多くなりさらに利用しやすくなっています。

例えば、エネオスのTカードや、シェルのPontaカード、出光のRポイントカードなどこれにあたり、店頭値引きとポイント還元があるので給油回数が少ない人でもメリットを感じることができます。

 

しかし、これらのポイントが貯まる現金会員カードよりももっと強力なものがあります。

それがENEOSカードSPontaクレジットです。

先ほども触れたように、石油元売のクレジットカードは還元額が変動し年会費がかかることから、普段車にあまり乗らない人にはメリットが少なくなります。

ただ還元額が変動せず、年会費がかからないものも中にはあり、これらを使うことで現金会員カードよりも得することができるのです。

 

この2種類のカードは、それぞれエネオスとシェルのガソリンスタンドの店頭価格が非常に安いのが特徴で、多くのスタンドで最安値に設定されています。

ENEOSカードSの場合はこの店頭価格の安さに加え、請求時1リットルあたり固定で2円安くなることもあり、値引きのメリットが非常に大きくなります。

さらに1年間に1回使用するだけで年会費が無料になるので、現金会員カードのような手軽さもあります。

詳しくは⇒ENEOSカード

 

一方、Pontaクレジットは店頭値引き+ポイントとという普通のPontaカードと変わらない仕様です。

しかし、一般のPontaカードと違うのはPontaポイントが2倍多くたまるという点です。

こちらのカードも1年間に1回使用すれば年会費が無料になるので、実質タダのカードと同じです。

そのため一般のカードを使用するのであれば、こちらのカードを使用したほうが絶対にお得です。

 

 

これらのカードはクレジットカードですが、年に1回使用すれば無料のカードと同じなので持っていて損はないカードといえます。

さらに、ガソリンスタンド独自で行っているスタンプカードや、レシート集めてプレゼント、メール会員といった企画と併用できることが多いので、2重で得することも可能です。

 

普段あまり車に乗らない人でも、このようなものを用いることでガソリンを安く入れたり、ポイントを多く獲得することができます。

どうしてもかかってしまうガソリン代ですが、年間で考えると非常大きな額になります。

少しでも安く入れて、無駄な出費を抑えるためにはこれらを使ってみるのもいいかもしれません。

シェルPontaクレジットとスターレックスどちらがお得?

starlexpon

ガソリンスタンドで給油するときにクレジットカードを使う人は一昔前に比べてだいぶ増えたといわれています。

これはガソリン代の高騰と不景気で、高額の現金を持つ人が少なくなってきたのと、石油元売各社が発行しているクレジットカードがガソリン給油でとてもお得なのが要因となっているようです。

 

石油元売各社が発行しているクレジットカードのメリットは、そのカードの特徴によっていろいろありますが、大きく分けると値引きとポイントです。

どちらの仕様も使い方によって非常にメリットがあります。

 

特に、昭和シェル石油のスターレックスカードとシェルPontaクレジットカードは値引きとポイントで他社を圧倒している部分があるので、使い方次第では家計の大きな味方になってくれるかもしれません。

シェルPontaクレジットカードのメリットは?

シェルPontaクレジットカードはその名の通りポンタポイントが貯まるカードです。

ポンタのポイントなんて、タダでもらったカードでも付くからクレジットカードなんかいらないと思っている人もいるかもしれませんが、このPontaクレジットカードは通常のPontaカードの2倍ポンタポイントが貯まるというメリットがあります。

通常のPontaカードは1リットル給油すると1ポイントですが、Pontaクレジットは1リットルで2ポイント貯まる仕組みになっています。

 

これはTカードを使ってエネオスで給油したときのメリットを大きく上回っています。

Tカードは200円で1ポイントなのに対して、Pontaは1リットルで1ポイントです。
(どちらも1ポイント1円で使えます。)

つまり1リットル200円を超えないかぎり、ポンタの方がお得になります。

さらにPontaクレジットだと1リットルで2ポイントなので、Tカードに比べて圧倒的にメリットがあると言えます。

 

また、クレジットカードではありますが、1年間1回シェルでこれを利用すれば年会費が無料になるので、実質タダでもらうカードと変わらないというメリットもあります。

Pontaポイントを貯めている人や良く使う人は、持っていて損をしないカードと言えます。

スターレックスカードのメリットは?

昭和シェル石油の代表的なクレジットカードでもあるスターレックスカードはハイオクユーザーに特化したカードといえます。

レギュラーガソリンは他の石油元売のカードに比べ若干劣るところもありますが、ハイオクに関してはかなりお得になります。

 

スターレックスカードは給油を含むカードの利用額に応じて、1リットルあたりの給油額が還元されるカードで、ハイオクだと1リットルあたり最大13円引きにまでなります。

13円引きは6か月間の利用額が60万円以上とかなりハードルが高いですが、最大割引にいかなくてもハイオクはかなりお得です。

 

他の石油元売のカードと比較すると、ENEOSカードCとシナジーカードは1か月の使用額が7万円以上のとき1リットルあたり翌月7円引きなのに対し、スターレックスカードは6か月の使用額が42万円以上(1か月あたり7万以上)で翌6か月間が1リットルあたり11円引き(WEB明細還元1円含む)とハイオクではかなりメリットがあることがわかります。

 

年会費は次年度以降1250円かかってしまいますが、買い物などの支払いをカードで行っていて、ハイオク車に乗っている人なら持っておくと便利なカードです。

シェルPontaクレジットカードとスターレックスカードどっちがいいの?

シェルPontaクレジットカードとスターレックスカードは全く用途が違うカードなのでどちらがお得ということはありません。

Pontaポイントを貯めている人にはシェルPontaクレジットカードがおススメですし、ハイオクユーザーにはスターレックスカードがおススメになります。

 

昭和シェル石油の2つのクレジットカードはともに特化した部分が大きくかなり尖った仕様のカードですが、還元率が他の石油元売のカードと比べても非常に高く設定されているので、昭和シェルを利用していて、自分のカーライフにこれらが当てはまるようであれば、1枚持っていても損のないカードといえます。

詳しくはシェルPontaクレジットカード