相場が見えてくる車の査定方法とは?

最近は燃費性能が良いハイブリット車が続々と出てきて、ガソリンをあまり使わない時代に突入してきた感じがあります。

これによって、車の維持・ランニングコストを下げるという意味では、今までと同じようにガソリンを安く入れるというだけではなく、車の買い替えについても考えなくてはいけなくなりました。

実際このような思いから車の買い替えを考えている人もいるのではないでしょうか。
ただ車を買い換えるにしても、今の車を高く売ることができなければ、本末転倒になってしまう可能性があります。

そのため車を高く売るにはどうすればいいか考えなくてはいけません。

 

そこで1番重要なのが高い査定をもらうと言うことです。

車を売るときには、まずいくらぐらいで自分の車が売れるか、相場を調べる必要があります。

しかし、この価格はあくまで目安でしかありません。

査定相場を出している会社によってばらつきがあり、結局あまり役に立たないこともあります。

 

このため絶対にやったほうがいいのは、多くの会社の査定を見ることです。

相場観が会社によって若干違うため、1社や2社だと安い査定に出会うことがないかもしれません。

しかし、1人で何社も回って、見積もりをもらう事は正直言って面倒です。

そこで査定はネットで行って、その価格を持って実際の店舗で交渉すると言うのもありだと思います。

 

ネットを使えば、複数社の査定を一括でやってもらえるところも結構あるので、そういうところを使うと結構楽に査定ができます。

ネットを使って一括査定をする場合には、信憑性が高い、国内の優良自動車流通事業者がつくるJADRI(一般社団法人 日本自動車流通研究所)などのサイトが役に立ちます。
【JADRI公式】一括査定.com

 

ネットで査定をするには?

ネットで査定を行うには、車のメーカー、車種、年式、走行距離を入力フォームに記入する必要があります。

しかし、年式について覚えてる人は意外といないようです。

メーカーや車種は覚えていても、いつ車を購入したのかという事は結構忘れがちです。

中古車で購入した場合には、年式について全く頭に入ってないこともあると思います。

ですので、もし年式がわからない場合には車検証を手元に置いて入力してみて下さい。

年式は車検証の上部の初年度登録年月の年の部分になります。

 

メーカー・車種・年式・走行距離・住所・氏名・メールアドレス等を入力すれば、誰でも簡単に無料で複数社から査定を受けることができるので、ぜひやってみてください。

事故による傷等を考慮してなければ、お店で査定してもらおうと大きな違いはないと思います。

 

ガソリンスタンドの廃車引取りってどうなの?

ガソリンスタンドにとって、ガソリンの販売に変わる新たな収入源は、
大きな課題となっています。

特に最近ではガソリン販売での収益がかなり減っていることもあり、
多くのガソリンスタンドが、車に関わる燃料とは違うビジネスに取り組んでいます。

 

このような取り組みの中でよく目にするのが、
中古車の販売・買取りやレンタカーです。

a0001_000198

 

これらはガソリンスタンドの大きな土地を活かせるビジネスとして人気になっています。

利用する側も日頃から馴染みのあるスタンドで車を購入したり、
借りたりできるので安心できるようす。

特にレンタカーなどは価格的にも安いことが多いので、リピートする人も増えてきています。
「ガソリンスタンドの廃車引取りってどうなの?」の続きを読む…