エネオスでポイント二重取りのクレジットカード

エネオスのガソリンスタンドでTカードを使って現金給油すると、Tポイントが貯まるのは有名ですが、一部のクレジットカードを使うことで、これにプラスしてクレジットのポイントが貯まるのはあまり知られていません。

エネオスでこの2つのカードを同時に使うと、
Tポイントとクレジットポイントの二重取りをすることができるのです。

54ccd0dacf99b7e8a9f4c2b39482a654_s

 

現金給油ではなくクレジット給油となるので、Tカードの現金会員価格は適用されませんが高還元率クレジットカードを使うとかなりのメリットがあります。

TUTAYAのカードやファミマTカードといったクレジットカードでは、還元率はTポイント分の0.5パーセントだけですが、一部の一般クレジットの場合は、そのカードの還元率にTポイントの0.5パーセントが追加されるようになります。

 

還元率が低いカードだと現金給油の方が得するケースも出てくるので、ポイント二重取りをする場合は高還元率カードを使用するようにしましょう。

 

二重取りでメリットがある高還元率クレジットカードは?

kanpoucard

もっとも還元率が高いカードといわれているのが漢方スタイルクラブカードです。

還元率が1.75パーセントもあるので、Tポイントの0.5パーセントと合わせると
2.25パーセントにもなります。

Tポイントとの二重取りをするのに一番適したカードというだけではなく、
普段から使えるクレジットカードとして人気があります。

 

image24

年会費が永年無料で還元率が高いクレジットカードとしては有名なのがREX CARD LITEです。

レックスカードは還元率が1.25パーセントなので、二重取りすることで
1.75パーセントになります。

漢方スタイルクラブカードほどではありませんが、
こちらも高還元率カードとして人気があるカードです。

 

この他にも二重取りできる高還元率のカードはいくつかあるのですが、
エネオスでTカードとの併用出来ないカードも多く存在します。

併用できないものはENEOSカード・楽天カード・JALカード・ANAカード・DCMXカード・TS3カード・レクサスカード・Diaカード・みずほマイレージクラブカード・東急TOPカード・マツダmsPLUSカード・トヨタフューエルサポートカード・セディナオートリースカードなどです。

 

Tカードとクレジットカードの併用方法は?

併用の方法は簡単です。

フルサービスの場合、Tカードと同時にクレジットカードをスタッフに渡せば、
Tポイントをその場でつけてクレジット決済をしてくれます。

セルフの場合は先にTカードを入れて、あとからクレジットカードを入れれば、
2つのカードが併用できます。

 

しかしこの時注意したいのが、クレジット付のTカードです。

このカードの場合、気をつけないとそのままクレジット決済ができてしまいます。

 

フルの場合はポイントのみ付けることをスタッフに話すようにしましょう。

またセルフの場合は給油機によってやり方が異なるので、間違いなく処理できるようにスタッフに確認して進めていきましょう。